Skip to main content

ラグジュアリーの新しいスタンダード、利便性に富んだアジアを代表するウィンターリゾート

MUWA NISEKOには、グランヒラフスキー場までの優れたアクセスと北海道の美しく雄大な四季があります。

A New Standard for Niseko

PRESTIGE LOCATION

SKI IN, SKI OUT ACCESS

INFINITY ONSEN

ARCHITECTURE & DESIGN

PRESTIGE LOCATION

135ヘクタール超の広大地に
絹糸のように柔らかな雪が降り積もるニセコ グラン・ヒラフスキーリゾート。
ヒラフゲレンデの目前に位置し、
最新のゴンドラを含む複数のリフト乗り場に隣接し、
玄関口である「ウェルカムセンター」に近接する、
MUWA NISEKO は、ニセコエリアでも指折りの利便性を誇ります。

SKI-IN, SKI-OUT ACCESS

世界中のスキーヤーを虜にしてやまない燦めくパウダースノーが舞うニセコのスキーゲレンデ。
MUWA NISEKO の一部のアパートメントからは、スキーゲレンデへと直接アクセスすることが可能。
敷地内には新たなスキーリフトの敷設も計画されており、スキーリゾートにおけるスキーイン、スキーアウト体験を新たな次元へと引き上げます。

INFINITY ONSEN

MUWA NISEKO の6階にある4つのインフィニティバス。
それぞれの浴槽を滔々と満たす豊かな天然温泉に身を委ねれば、日本の伝統建築様式から着想を得た窓枠が捉える羊蹄山の美しい佇まいに思わず息をのんでしまう。
建物地下1階には温泉大浴場とリラクゼーションスパ施設を備え、更なる安穏と癒しをもたらします。

ARCHITECTURE & DESIGN

MUWA NISEKO は、日本の伝統的な家づくりへのオマージュとして、
日本古来の建築のコアコンセプトを組み合わせ、建築デザインの基礎としています。

ENGAWA

ENGAWAは、伝統的な縁側のような形をし、障子の向こう側にある室内の畳と屋外との間の緩衝空間となっています。ゲストルームには、プライバシーとニセコの大自然との間の柔らかなトランジションスペースとして「ENGAWA」を設置します。

TSUMAIRI

切妻造りは日本の建築様式として出雲大社などで広く知られています。妻入とは、正面玄関が切妻と同じ側にある場合のことで、空間に古典的な三角形のシルエットを与えます。

GARDEN OF THE FOUR SEASONS

ロビーフロアに設けられた開放的なブナガーデンは、ゲストと北海道の自然との深い絆をテーマにしています。季節の変わり目には赤や金色の落葉が地面に落ち、冬にはニセコ名物のパウダースノーが降り積もります。チェックインカウンターでは、四季折々の庭園を背景にしてニセコの四季を感じることができます。

MUWA NISEKO